B-shop OCHI 株式会社

Menu
Map
Mail

B-  shop  OCHI    N E W S & BLOG

新着・ブログ・イベント

B-shop OCHI NEWS & BLOG新着・ブログ・イベント

SPECIALIZED S-Works Ares 発売

2021.1.23 | 

S-Works Ares

 スポーツバイクメーカーのSPECIALIZEDですが、SPECIALIZEDの開発するサイクリングシューズは常に先を行き、多くのサイクリストに高い評価を受けています。

 今回発売されたS-Works Aresも、今迄体験したことのないシューズになっており、シリアスなライダー達にはお勧めしたいシューズの筆頭に位置付けたいと考えています。

 入荷したばかりなので実走はしていませんが、普段S-Works 7を履いている私が足を通した感想を書いてみたいと思います。

S-Works Ares

このシューズの特徴は、靴を履いているというより、厚手のソックスを履いている感じが強く出てるところです。

ソックスと言うだけあってフィット感は凄いのですが、ただ単にフィット感が良いだけのシューズとは次元が違います。

そう感じるのは、足を通す入口部分のタンを排除してソックス形状にしているからだと思います。

この構造は、シューズに足を通す時にサイズが小さくて自分に合わないのではと感じをさせてしまうこともあると思いますが、ソックスを履くと思って履いてみて下さい。

足を通してしまうと踵から足の中間部までをしっかりホールドしてくれます。

S-Works 7より更にゆとりを感じる前足部は、柔らかい素材が嫌な当たりを感じさせることなく、フィット感と快適性がより上質なものになっています。

S-Works Ares

 

S-Works-Ares3

ソックス構造がもたらすもう一つの効果は、どのような履き方をしても、しっかりとヒールカップに踵がしっかりと押され、ホールドされることです。

そのことによってペダリングがより安定すると思います。

S-Works Ares

BOAダイヤルも変更されています。

重厚なアルミ製のダイヤルから樹脂製になり、上側のダイヤル位置がよりセンターに近くなりました。

ソックス構造のこのシューズは、ダイヤルを締めない状態でもかなりのフィット感があり、そこから更にBOAダイヤルを使って好みの硬さに調整していくことが出来ます。

ダイヤルの位置、ケーブルの巻き込み構造が変更されて、かなり強くダイヤルを締めても不快感が生まれにくいと感じました。

新しいBOAダイヤルは細かな微調整も出来ますが、ダイヤルの上部を上に引き上げるとリリース出来る構造を採用していますので、シューズを脱ぐのが楽になりました。

 

サイクリングシューズにフィット感を求めると、合わないシューズは痛みや違和感が付いてきます。

そこで多くの方はフィット感を少し譲歩して、大きめのサイズやゆったりしたシューズを選ぶことになりがちですが、S-Works Aresはフィット感を犠牲にすることなく、快適なシューズとして履いていただけると思います。

注)人によっては、同じサイズでもS-Works 7より小さく感じると言われる方もいますので、店頭で試し履きをして購入されることをお勧め致します。

現在、入荷数が非常に少ないため、事前にお問い合わせください。