B-shop OCHI 株式会社

Menu
Map
Mail

B-  shop  OCHI    N E W S & BLOG

新着・ブログ・イベント

B-shop OCHI NEWS & BLOG新着・ブログ・イベント

SPECIALIZED S-WORKS VENGE 驚きの進化を遂げてデビュー

2018.7.4 | 

SPECIALIZED S-WORKS VENGE

 SPECIALIZEDのエアロロード VENGE がフルモデルチェンジを行いました。その性能を確認するために試乗説明会に参加して来ましたので、レポートをご紹介いたします。

 

SW-VENGE

 

 競技用の自転車として開発されるロードバイクの形状は、自転車競技を統括する団体のレギュレーションによって細かく定義されていて、その制限の中でより”速く”を求めてメーカーの開発が行われています。エアロロードといわれるロードバイクは、最大の走行抵抗といわれる、自転車が走行時に受ける空気抵抗に注目して開発されています。なんとなくカッコいいな~と思われるそのフォルムは、実は多くの優れたテクノロジーに裏付けされた形状で、1秒でも速くを追求した究極の機能美なのです。(レギュレーションという制限の中での開発のため、多くのメーカーのデザインが似てくる傾向にあります。)

 今回の試乗でエアロロードへの偏見が完全に払拭されました。今までのエアロロードは、平地は軽く走れてスピードの持続が楽に行えるが、”登り坂で少し重く感じる”、”ハンドリングが少しもったりとしている”、”横風を受けた時に少し煽られる”などのネガティブな面もある、一部に特化したスピードバイクの印象を持っていました。しかし、このNEW VENGEは、それらの先入観を大きく裏切ってくれました。

SW-VENGE13

 前作のVENGE VIASもレースシーンの中で多くの勝利を勝ち取った名作ですが、VENGE VIASに比べて重量が460gもの軽量化に成功しています。(写真の黄色で囲った部分が無くなった重量です。)この軽量化は、試乗コースの登り区間で「良く走る!」と直感的に感じました。いつもならケイデンスが落ちてくる感じの勾配でも、さらに踏み込める感があり、楽しく追い込めました。特にダンシング時のバイク反応が素直で、スピード維持が楽に行えます。今回の試乗コースはコーナーリングが繰り返される区間があり、高速でコーナーに入るのに注意を払いました。ところが、ディスクブレーキの恩恵も多分にあるとは思いますが、コーナーの入りから終わりまで全く不安を感じませんでした。VENGEの最大の売りであるエアロ(空気抵抗の軽減)をどこまで感じられるかにも注目していましたが、向い風や下りで受ける感じもいつも乗っているのとは違い、腰より上は風圧を感じているのに、腰から下は風圧が極端に少ないという妙な感じを受けました。

 NEW VENGEは、今までの一部の性能に特化したロードバイクというイメージだったエアロロードのイメージを完全に覆した、オールラウンドに速く走れるエアロバイクです。

 秋口には試乗会も予定していますので、今回私が感じた「このバイク凄いよ~!」をぜひ体験して下さい。

SW-VENGE9

 

 SPECIALIZEDは、自転車メーカーの中で唯一自前の風洞実験場を持ち、博士号を持つエアロの専門家が、バイクのみに限らず細かいパーツやウェア等の様々な条件での風洞実験を行い、エアロに関しても世界屈指の自転車ブランドなのです。そんな環境下で開発されたVENGEは、最強のエアロバイクと思います。

SW-VENGE2

 

 ハンドル、ステムもVENGE専用のエアロハンドルが装備されています。全てのケーブル類を内蔵するシステムですが、ハンドルポジションの調整も容易に行えます。勿論、他メーカーのハンドル、ステムを取付けることも出来ます。

 ※NEW VENEは、ディスクブレーキ、Di2(SRAM e-Tap、Campaqnolo EPS)専用設計でケーブル類をハンドル、ステム、フレーム内に内蔵しますので、大幅なポジション変更時には、ケーブルの長さを変更するための作業が大掛かりになります。購入時に自分のハンドルポジションを確認するフィティングを受けられることをお勧めします。

 当店でSPECIALIZED S-WOKRS のバイク、フレーム購入して頂くとフィティングが無料で受けられます。

SW-VENGE3

 

 S-WORKS VENEのフルスペックは、Shimano DURA-ACE Di2 DISC、パワーメーターを装備したS-WORKSクランク、ROVAL CLX64 です。コンポーネントパーツ以外のパーツを自社開発するSPECIALIZEDのS-WORKSのフルスペックは、SPECIALIZED社が考える理想のスペックで構成されています。ロードバイクのディスクブレーキは、2018年7月1日付けでUCIがプロツアーでの使用を完全解禁したため、一気に普及することになります。

 

SW-VENGE5

パワーメーター内蔵のS-WORKSクランク。非常にシンプル。

SW-VENGE6

 

SW-VENGE8

 

97819-00_VENGE-SW-DISC-DI2-BLK-SILHLG_HERO

SPECIALIZED S-WORKS VENGE

フレームサイズ:49、52、54、56

税込価格:1,296,000円(シマノR9170系デュラエースDi2+ロヴァールCLX64完成車) 540,000円(フレームセット)

SPECIALIZED VENGE PRO の展開もあります。

※商品は、店頭でご覧いただける準備が出来ております。

お得な情報!

 NEW VENGEのデビューに伴い、以前のモデルをスペシャルプライスで販売いたします。

specialized_venge

SPECIALIZED S-WORKS VENE フレームセット サイズ:520mm CARB/RED (2016モデル)

定価(税込) 588,600円 → セール価格 382,590円(35%OFF)