B-shop OCHI 株式会社

Menu
Map
Mail

B-  shop  OCHI    N E W S & BLOG

新着・ブログ・イベント

B-shop OCHI NEWS & BLOG新着・ブログ・イベント

かしこく手に入れよう!トライアスロングッズ

2017.5.26 | 

tri item

トライアスロンコーナーをリニューアルしました。当店では、トライアスロン用のバイクだけはなく、トライアスロングッズも各種取り揃えております。トライアスロンのバイクアイテムはもちろん、スイム・ランニングパートのアイテムも当店で買い揃える事ができます。大会出場に必要なアイテムが一通り揃うのでレース出場までの準備がスムーズに行っていただける環境です。トライアスロンに出てみたいとお考えの方は、どうぞお気軽にご相談下さい。

 

111

 

トライアスロングッズを揃えよう!

 

では実際、どんなアイテムが必要でしょうか。トライアスロンの大会に出場するには最低限、これらのアイテムが必要になってきます。(下線必要アイテム、●あれば便利)

 

≪スイム≫ ゴーグル ウェットスーツ スイムキャップ ワセリン

≪バイク≫ バイク ヘルメット バイクシューズ ウォーターボトル トライスーツ レースベルト     

≪ラン≫  ランニングシューズ サングラス ●キャップ or サンバイザー  

≪競技中
・移動時に≫
 ●サプリメント ●スポーツウォッチ ●トライアスロンバッグ 

紫外線対策は、重要なトレンド!

トライアスロンの大会シーズンは7~8月で、1年で最も暑い時期に開催されます。大会によっては日陰がほとんど無く、炎天下での運動となり過酷な状況です。更に近年は昔に比べ気候変動による温暖化や紫外線が強くなっているので、レース中の紫外線による疲労やダメージはかなり大きくなっています。そういった環境下のため、2017年モデルあたりからは肌を大きく露出させるよりも、直射日光や紫外線から肌を守るようなウエアが主流となっています。これまでのトライスーツはノースリーブタイプがほとんどでしたが、昨年あたりより半袖タイプが出始め、今年は新モデルの多くが半袖です。これからご購入をお考えの方は、こちらの半袖タイプがオススメです。また、買い換えをご検討中の方もこちらの半袖タイプがオススメです。

 

 

112

113

ウェットスーツはしっかり試着

当店では、ウエットスーツの試着がいつでも可能です。試着時には、身長や胴回りのサイズを伺って、サイズチャートに基づきあなたに最適なウェットスーツをみつけていきます。ウェットスーツの着方にはちょっとコツが要りますので、試着することで本番の着脱の練習にもなりますよ。トライアスロン大会に出た事のあるスタッフがお伝えしますので初めての方も、ご安心ください。

お気軽にスタッフまでお声掛けください。

ウェットスーツには、そで有りタイプと、そで無しタイプがあります。泳力に自信のある方は、肩や腕を動かし易いのでそで無しタイプを、泳力に自信がなく初出場の方は、そで有りのタイプがおすすめです。そでが有ると、その分腕に浮力が付きますので、海での泳ぎも安心です。

ウェットスーツはゴムですので、時間と共に硬化してきます。買い換え時期は、だいたい3年と言われています。買い換えをご検討中の場合、もし前回はそで有りだったのであれば、今年はそで無しタイプを買って挑戦するのもよいかもしれません。

各メーカーも商品開発が進み、毎年、ゴムの質も良くなって柔らかくて丈夫な物になって来ています。今なら各種サイズ取りそろえていますのでぜひ、実際に試着して、はやめにご購入していくことをおすすめします。7.8月の大会本番シーズンとなってくると、毎年、合うサイズがメーカーの方にも在庫が無くなってしまう可能性が有るので、ウェットスーツだけはお早めの購入準備が肝心です。

 

☆ウェットスーツをご購入の方に、本番使えるレースベルト(必須アイテム)をプレゼント!

 

最新モデルのウェットスーツがもちろんおすすめですが、サイズが有れば、旧モデルのウェットスーツもお値引してご購入いただけます。

また、レンタル用ウェットスーツもご用意しています。ご予算の都合で今年は購入では無くレンタルをお考えの場合は、スタッフまでご相談下さい。サイズさえ合う物が有れば、旧タイプですがウェットスーツを借りて大会出場することも可能です。(※ご要望のサイズが無い場合があります。ご了承ください。)

 

000

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

海では視界を守る’ゴーグル’が鍵。

スイムで重要なアイテム、ゴーグル。オープンウォーターでは、プール用ゴーグルとは違い、視野が広く確保できるもの、そしてフィット感があるものが大事な要素です。

スイムパートでは’’バトル’’と言われる、左右前後を泳いでいる選手にキックされたり手があたったりと激しい接触がかなりあります。バトルにもまれて顔や頭部に接触があった時、ゴーグルが外れてしまわないようなしっかりフィット感があるものを選びましょう。また水中で前後左右の人の動きが確認できる様、広い視野がとれることもゴーグルを選ぶうえで大切です。コースアウトしたり蛇行して泳いでしまうと結構なロスになってしまいます。そうならないように、時々顔をあげて目標のブイを確認しながら目指し泳ぎます。海ですので波もあり、泳ぐ会場によっては足元が見えた方が良かったり、泳いでいる最中に大きな海藻やクラゲが現れる場合もあります。スイムパートをクリアするには、広い視界の確保はマストです。

 

 

114

3種目練習もばっちり!トライアスロン機能スポーツウォッチ

トライアスロンにはやはり、トライアスロン機能付きのウォッチがおすすめです。スイム、バイク、ランのマルチスポーツ対応のGPSウォッチは、トレーニングの質を高めて、レースのタイムアップや完走を達成するのを手伝ってくれるアイテムです。スマホを腕や腰につけてタイムを計るのにはやはり限界があり、ストレスや無駄のないウォッチが最適。トレーニングが進んでくると必ず必要になってくるアイテムがスポーツウォッチです。心拍を手首で計るタイプの光学心拍計が主流になって来ています。先日発売された新商品ForeAthlete® 935は、機能がかなり充実しトライアスリートも注目のアイテムです。

 

 

NEW

ForeAthlete® 935 

Yellow /  Black

gallery-forerunner-935-img01-green-blackgallery-forerunner-935-img01-black-black

 

 

ForeAthlete 735XT J

Black/Gray    //  Midnight Purple/Pink

gallery-forerunner-735xt-img01-gray-black

gallery-forerunner-735xt-img01-blue-teal

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トライアスロンアイテムをかしこくそろえることが出来たら、あとは練習あるのみです。

準備万端で真夏のアツい大会に挑みましょう!