B-shop OCHI 株式会社

Menu
Map
Mail

B-  shop  OCHI    N E W S & BLOG

新着・ブログ・イベント

B-shop OCHI NEWS & BLOG新着・ブログ・イベント

STAFF中田のチャレンジレポート「松野四万十バイクレース」

2017.11.29 | 

極限のマウンテンバイクマラソン!

 

愛媛県の松野町と、高知県四万十市をまたぎ、林道140km走破を目指すマウンテンバイク耐久レース。それが、「松野四万十バイクレース」です。過酷なコースと距離、3000mを超える獲得標高。完走するだけでもステータスとなるレースに今年も参戦してきました!

 

昨年のアルティメットコース、100キロ地点で無念のタイムオーバーとなり、マウンテンバイク歴が短いとはいえ、悔しい思いをしました。

その悔しさを糧に、今年こそ!という思いで2年目の完走チャレンジに行ってまいりました!しかも、今年はアルティメットコースが140kmに伸長!そのため、チームメンバーと共に昨年よりも早い段階から練習を開始して、準備を進めてきました。

 

・昨年のパンクの経験からタイヤをチューブレス化→多少のパンクが生じてもタイヤ内のパンク防止剤がふさいでくれます

・過酷な登りに対応する為、毎週早朝5時からオフロード、オンロードの登坂練習10時間超にも及ぶレースに耐え得る体力づくり

・ロングディスタンスに対応できるよう補給食の見直し→エイドステーションがあるとはいえ、欲しいところで補給できるとは限りません。足つり対策を中心に準備

・バイクも刷新!クロスカントリー仕様のcannondale scalpel siに乗り換え…!→長い林道、道中には乗車もままならない斜度の登りも… バイク自体を軽量化で臨みました

 cannondale scalpel si

…と、気合いも練習も準備も万端!

 

いざ、レース当日を迎えましたが…

 

当日の朝も台風接近でレース開催自体が危ぶまれる事態の中、主催者からの発表を待ちます。

選手と同様、この日の為に運営の方々も準備をされてきました。フルコースを走ることはできないものの、警報の出ていない松野町内の目黒林道内三周回の短縮コースでの開催となりました。

本来想定した140kmに満たない100km程の短縮コースとはいえ、有り難い!

日の出前からスタートの準備

日の出前からスタートの準備が進みます。

 

チームメイトの開さん、闘志を感じます。

チームメイトの開さん、闘志を感じます。

5時半、雨の降りしきる中、レースは、スタートしました。

序盤、前方でスタートし、上位キープしたまま林道へ。マウンテンバイク歴が浅いチームとしては出来過ぎです。10月末の雨のレースは初体験で身体の冷えを懸念していましたが、雨を想定した全天候型のウェアは寒さも感じる事なく、登りも心拍数を維持したまま淡々と走ることが出来ました。降りしきる雨で小川のようになった路面を標高800mほど登り切り、いざ下りへ。

松野四万十バイクレース

 

台風の影響でコースは、滝の様な状態です。

台風の影響でコースは、滝の様な状態です。

 

途中、濁流のような道をジャブジャブ下り、登り返しも二ヶ所あり、一周30kmほどとはいえ、なかなかハードなコース。僕らチームはこの目黒林道は初挑戦のため、一周目は恐る恐る下りました。…しかし、楽しい!

過酷な条件ではあるものの、まず、こんな雨の中で林道を走ること自体が非日常の最たるものです!!テンションが上がり、常にアドレナリンが出た状態です。「マウンテンバイクはこうでなくては!」走りながら悪天候を楽しんでいる事に気付きます。笑

 

そして、二周目。

雨足が強くなってきたものの、レース続行。

エイドでご当地の鹿肉ソーセージをいただき、いざ出発。

エードでいただいたジビエソーセージは最高に美味しい!

エードでいただいたジビエソーセージは最高に美味しい!

背中に背負ったバックパックにはハイドレーションを装備。雨足は強くなりますが、随分補給はラクラク。そのまま、林道の登りに突入します。 

…あれ?路面が小川みたくなってる…

 

雨は止む気配なく、林道の登りはもはや川上りです(^_^;)…ただ、練習の成果か、案外疲労感はない!いける!

 

ただ、二周目に入り雨に加え、風も出てきました。山頂付近、チェックポイントのテントは今にも飛ばされそう。スタッフの方も必死で支えてます。

…これはレース中止か…?

頭に過ぎる懸念を振り払いつつ、下りに突入です。下りは登り以上に路面が川化!!完全に川下り、もとい濁流下りです。苦笑

しかし、二周目でコースを把握した2人は一気に下ります!願わくば、中止前に完走を…!

数チーム、下りでパスし、周回チェックポイントで休憩もそぞろ、そのまま3周目突入です。

松野四万十バイクレース 

しかし、いよいよ、突風、雨が吹き荒れてきます。オンロードでも飛ばされそうになるほど。これは万事休すか…?

 

林道入口、最後の鹿肉ソーセージを完食。まだ止められる気配はないので、もちろん風雨の中リスタート!

 

しかし、林道の登りに入った瞬間、中田グロッキーに。雨対策は万全だったものの長時間の雨風さらされた事で寒さで完全にダウンしてしまいました。

しかし、ひたすら続く登り、止まるわけにはいきません。淡々とペダルを回します…

 松野四万十バイクレース

すると、林道を引き返す選手多数。ついに松野町内にも警報発令、頂上手前で土砂崩れの危険性があるため、引き返しと相成りました…(;_;)

 

2年目のチャレンジも、天候には勝てずにまた完走はお預けとなりましたが、だからこそ燃えるのが松野四万十バイクレースです!笑

来年こそ! 嘘のように晴れ切った空の下、またリベンジを誓うのでした…

 

マウンテンバイクにすでに乗ってる方も、興味があってこれからの方も、チャレンジしてみませんか⁇

マウンテンバイクマラソンと呼ばれる自転車競技は、大規模な大会は長野県の大滝村と愛媛の松野町の2大会です。ロードのロングライドイベントのオフロード版、フルマラソンを走った方がトレイルランに挑戦するイメージです。基礎的なオフロードスキルと長距離を走る練習で誰もがチャレンジ出来ます。

来年の大会は、是非ご一緒いたしましょう。

 

B-shop OCHIでは、オフロードを走る為の基礎的なスキルを学ぶ「オフロードビギーナーズライド」を開催しています。お気軽に参加して下さい。

https://www.instagram.com/p/Bb9ORGvnHFp/?taken-by=nakatakoro