B-shop OCHI 株式会社

Menu
Map
Mail

B-  shop  OCHI    N E W S & BLOG

新着・ブログ・イベント

B-shop OCHI NEWS & BLOG新着・ブログ・イベント

ツールドにし阿波に “challenge”

2017.2.3 | 

ツールドにし阿波

B-shop OCHIが掲げた今年の大きなテーマは、「challenge!」

自転車の楽しさを知ってもらった方、皆さんに訪れるモチベーションの波。仕事が忙しくて乗る時間が取れない、休みの度に天候が悪くて乗るタイミングを逃す、今の乗り方に飽きてきたなど様々な理由でモチベーションが上がらず自転車に跨る回数が減ってしまう、そんな時期を経験されていませんか?

勿論、自転車大好きな私達もそんなモチベーションの波を何度も経験しています。モチベーションを常に高く持ち続けて楽しいサイクルライフを送るための特効薬は、「challenge!」です。目標を設定して目標に向かって意味あるライドに出掛ける。天候が悪い時も自宅にセットしたローラー台に跨り少しでもペダルを回す… 自分自身の向上と目標達成の為に自転車に乗るこんなスタイルも素敵だと思います。

 

そこで、私達が目標としてお勧めしたいのが「ツールドにし阿波」です。ツールド〇〇と言うロングライドイベントは沢山ありますが「challenge!」としてエントリーするにはこのイベントがお勧めです。 にし阿波と呼ばれる徳島県の山間部を走り、55kmの観光コースから鬼脚と呼ばれる153kmのコースが設定されています。走行距離は特別な物ではありませんが、各コースの獲得標高差がコースの難易度を上げ「challenge!」に値し、練習のモチベーションを上げてくれる事、間違いありません。

 

自分のレベルに合ったコースを決めて完走を目標に頑張りましょう!!

 

是非、この春の「challenge!」として「ツールドにし阿波」にエントリーしてみませんか。

 

 

 

◆B-shop OCHIでは、「ツールドにし阿波」チャレンジを目指す方をサポート致します。エントリーからトレーニング、準備までお気軽にご相談下さい。

 

「ツールドにし阿波」の大会要項

 

A 西祖谷観光コース(距離55km/獲得標高829m)


スタート→祖谷街道→祖谷ふれあい公園(CP)→まんなか(CP)【特典】大歩危船下り観光→ゴール
※祖谷渓谷の新緑、大歩危小歩危の景観を存分に満喫できる観光コース。祖谷渓谷の断崖に立つ「小便小僧」や「ひの字渓谷」は見逃せない名所。「大歩危峡まんなか」(CP)では観光遊覧船にも乗船して頂けます。にし阿波の魅力をゆったり満喫できるコース設定ですが、30km地点過ぎからの登り(約2.3km)はちょっと気合が必要です。足を付かずに登りきれるかチャレンジしてみよう!今年からAコースに限り電動自転車での参加もOKです。

 

B 東祖谷まったりコース(距離95km/獲得標高1527m)ゴール制限時間16時


スタート→祖谷街道→栃之瀬(CP/AS)→中上展望台→祖谷ふれあい公園(CP)→まんなか(CP)→ゴール
※Aコースからさらに足を延ばして、かずら橋からさらに奥へ、東祖谷を訪ねる中距離コース。中上展望台(CP)からは、国の「重要伝統的建造物群保存地区」に指定された【落合集落】が一望できます。急斜面に張り付くように広がる民家や石垣は、懐かしい山村の風情を今も残しています。平家の落人伝説に想いをはせながら、緑濃い祖谷を余すことなく堪能できます。1000m級の峠越えはありませんので、落合峠はちょっと無理という中級者の方はこちらへどうぞ。

 

C チャンピオンコース(距離115km/獲得標高2508m)ゴール制限時間16時


スタート→後山(CP)→栃之瀬(CP/AS)→落合峠(CP)→桟敷峠→ぶぶるパーク(CP/AS)→角の浦橋→
吉野川オアシス経由→ゴール
※にし阿波の山岳を堪能できる上級者向けコース。落合峠の激坂は壁の如く挑戦者の前に立ち塞がる。自分自身への挑戦はサイクリストの本能か?峠を制する者だけが味わえる達成感がここにある。上級者のあなたにヒルクライムの真髄を。

 

SS 鬼脚コース(距離153km/獲得標高3735m)ゴール制限時間16時

 
スタート→後山(CP)→栃之瀬(CP/AS)→落合峠(CP)→桟敷峠→ぶぶるパーク(CP/AS)→角の浦橋→
太刀野山(CP)→吉野川オアシスオアシス経由→池田ダム【脚切】14:30→西山(CP)→広域農道→白地→ゴール
※難易度MAXのサイクルアスリート向けコース。さらに過酷になったコースは制限時間に余裕なし。富士山登頂に迫る獲得標高は、体力と精神力の限界を超えなければ達成できない世界。限られた上級者のみが挑戦できるこのコースを制した者はまさに「鬼脚」。その栄誉として授与される「鬼脚ステッカー」は参加者のあこがれです。 にし阿波の新たなる「鬼脚」伝説が今始まる。頂点を目指すサイクルアスリート達の挑戦をお待ちしています。

 

エントリーの受付は2段階。SSコースの受付を先に行い、定員超過の場合は抽選になります。その後、ほかコースの受付を先着順にて受け付けます。


 
SSの受付は2月15日(水)から、その他は3月15日(水)からになります。

にし阿波2